世界で最も選ばれている フレグランス・マーケティングのご提案

ふと漂う香りが刺激となって、突然気持ちや記憶がよみがえる‥
懐かしい母の香水の香り、旅先で出会った美しい花の香り‥

これは嗅覚からの情報が、脳内で感情や記憶を司っている大脳辺縁系に直接働きかけるためと言われています。 マーケティング先進国の米国では、この「香りが人の感情や記憶に直接触れることのできる力」を生かし ブランドやお店の魅力をより積極的に伝える、“香りによるブランド戦略”が大きな広がりを見せています。 Abercrombie & Fitchをはじめ数々のリーディングカンパニーのブランディング成功例を持つ 香りマーケティングのトップ企業、米国ProliTEC社のシステムを、株式会社ピーサポートがプロデュースします。

なぜ香りは影響が強いのか

視覚や聴覚、触覚だけでなく、嗅覚にも働きかけることで施設来訪者に心地よさを与え、ポジティブな感情を喚起し、
それらのイメージを記憶させ、従来のブランディング手法では叶わなかったより有益なマーケティングを可能にします。

嗅覚は、五感の中でも最も原始的な感覚であり、感情や行動の決定に関して大きな影響力を持つと言われています。
香りには人間の理性ではコントロールできない感情と記憶を呼び起こす力があります。

研究で証明されている香りの効果

□ リラックス感を与える
□ ストレスを軽減する(コルチゾール量の低下)

□ 良い香りは、施設来訪者の感情的反応に好影響を及ぼす
□ 香りの空間は、従業員をより親切にさせ、カスタマーサービスの対応力を向上させる

□ 良好な香りがあると、その施設に対する来訪者の評価やイメージが高まる
□ 好印象の香りの空間では、ブランドの認知度が高まり、再来訪意欲を促す

□ 適度な香りのある空間は、無臭の空間よりも、積極的に心地良さやおもてなしを
  アピールすることができる(悪臭 < 無臭 < 良い香り)

香りマーケティングを採用する世界の一流ブランド
欧米での主要導入先 導入先一覧

■ HARRAH’S ■ Abercrombie&Fitch ■ HOLLISTER ■ ARMANI ■ TOMMY HILFIGER ■ bebe 
■ DIANE von FURSTENBERG ■ NORDSTORM ■ SOFITEL ■ OMNI HOTELS ■ HOTEL SAX 
■ MGM GRAND ■ THE BREAKERS ■ Bliss  and more.

日本国内での主要導入先 日本国内での主要導入先一覧
アパレル

■ EDIFICE ■ w closet ■ N.NATURAL BEAUTY BASIC ■ FREE’S MART ■ JOURNAL STANDARD

リゾートホテル

■ DOUBLE TREE BY HILTON ■ SolVita Premier ■ ホテルグランバッハ京都 ■ ホテルグランドティアラ春日井

■ ARROWグループ ■ KICONA ■ エスパスグループ ■ ベラジオグループ ■ ベガスベガスグループ

■ 脱毛ラボ ■ E/s INTERNATIONAL

■ TOKYO RUNWAY ■ KANSAI COLLECTION ■ Girls Award  ■ ONWARD KASHIYAMA EXHIBITION
■ NISSAN 新型NOTEワールドプレミアイベント  ■ SANYO 新機種先行展示会

【その他】 スパ・医療施設・ブライダル会場・ゴルフ場・フィットネスクラブ・オフィス・ショールーム etc.

Copyright (C) 2014 Psupport Corporation. All Rights Reserved. Powered by varie